歩み

 

光和通り商店会マップ

 

 

光和通り商店会の昔と現在
新旧写真
  • 商店会の通りは「清戸通り」の一辺として、江戸時代から江戸と清瀬を結ぶ街道としての道でありました。主に練馬あたりの農作物を下町に運ぶ生活道路だったろうと思いますが、詳しくはわかりません。
  • 戦前は現商店会の近辺は何件かの商店があるだけで、畑と牧場があったと聞きます。終戦後、目白通りと呼ばれ、馬車、牛車とわずかな自動車が往来してましたが、練馬からのバスも通って、だいぶにぎわいも多くなってきました。現在の南長崎4丁目から6丁目までの通りに面した任意の方で街灯を設置として商店会を作ろうと、名称を「共栄会」として商店会を発足しました。当時は街路灯の管理と会員の親睦が目的だったと伺っています。昭和40年代に入り年末年始の福引き売り出し等も行うようになり、昭和52年に会員は現在の南長崎5丁目の商店や事業所などの方に改新されました。 西武池袋線「東長崎駅」より徒歩3分、地下鉄大江戸線「落合南長崎駅」より徒歩4分の所に東西300mに渡りバス通りに商店会はあります。
  • 商店会はアットホームなお店が多くお客様のご満足を考えた接客に心がけ、又明るく文化的で、お年寄りやお子様に優しく安心して楽しい買い物が出来る事を心がけております。 年2回行われるイベント「とくとく市」は金券が当たるゲーム大会、模擬店、スタンプラリー、花苗鉢プレゼントなど大好評で、当日は大変な賑わいです。区商連に加盟して区の共通商品券なども積極的に販売、取り扱いなども行っております。街灯のランプも節電のLEDランプに取り替えました。
  • 30年以上続いている「長崎寄席」も商店会の中にあります。 これからも商店会の繁栄だけでなく安心で安全な街作り、地域の発展にも協力して行きます。

 

 
長崎神社祭礼

納涼盆り大会

(毎年7月末頃)

各町内会毎に、7月の終りから8月初旬にかけて2日間盆踊り大会が行なわれます。
当日は、踊って食べて、最後は子供たちにお土産まで渡して賑わいます。

長崎神社祭礼

長崎神社祭礼

(毎年9月第2土日曜日)

椎名町にある長崎神社の例大祭が、毎年9月第2土・日曜日行なわれます。各町内会毎に子供神輿や山車、大人神輿が盛大に町内を練り歩きます。とくに五若の神輿は壮観です。

長崎神社祭礼

はらっぱ公園

(2010年7月31日オープン)

豊島プールがあった椎名町西公園が「はらっぱ公園」としてリニューアルオープンしました。
まだまだ緑が少ない公園ですが、地域住民と行政が協力して緑豊かな子供が走り回れるような公園にしようと、住民一同協力して頑張っています。